すまいづくり

新規建設のすまいづくり、各種取り組みについて
ご紹介いたします。

新規建設の技術への取り組み 新規建設の技術への取り組み

より安全・快適なすまいづくりのために、新規建設で取り組む各種技術の一例をご紹介いたします。
その他、お客様の理想のすまいづくりの実現のために様々な取り組みを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

摩擦減震装置
「UFO-E」

Wブレーキで減震!
地震による倒壊から家を守る!

UFO-E(ユーフォーイー)は、土台の下で地震エネルギーを減震する絶縁工法です。100個前後の「W摩擦板」が荷重を分担しながら少しづつ動いて歪摩擦・静止摩擦のWブレーキが作用し、300~800galの加速度を減震。大型地震対策に最適です。

摩擦ゲンシンパッキン
大地震対応で性能が高い「絶縁工法」
地震力が建物に入る前に滑り、摩擦抵抗(ブレーキ)で300~800galの加速度を減震します。
コストが安い
免震構造と同じ、絶縁工法でありながら、コストは免震構造の1/10に。
施工が簡単
大工さんの手でアンカーボルトに差し込むだけ。
  • 絶縁工法
  • 加速度実験の結果
UFO-E 振動実験
Wブレーキ構造で300~800galの加速度を減震
Wブレーキとは(2段ブレーキ)
地震の揺れで上下の凸部が乗り上げると、集中荷重により大きな応力が発生して「歪摩擦」が生じます。これと平坦部の「静止摩擦」がダブルブレーキとなって、減震効果が高まります。
Wブレーキ構造のイメージ
ゲンシンパッキン「UFO-E」はスゴイ!
地震力の方程式 Fe=m・α と摩擦力の方程式 Ff=m・μ が類似していることに注目し、「UFO-E」が誕生しました。

μ(ミュー)は摩擦係数で、UFO-Eの摩擦板が地震を受けて滑った時に消費する減衰エネルギーの系数です。α(アルファ)は地震の加速度ですが、この単位をG(ジー:1G=980gal(ガル))とすると、建物にかかる地震エネルギーの系数(設計震度)として使えます。
なお、この加速度αは速度sの二乗に比例するので、地震の破壊力Feも地震の揺れの速度sの二乗に比例して大きくなります。

  • 摩擦ブレーキと絶縁工法で安心
  • UFO-EのSET状況
制振構造の落とし穴

もともと【制振構造】は、極低降伏点鋼(無弾性スチール)・粘弾性ゴム・低反発ゲル・ダンパー類の制振材および機械的装置により地震の揺れを減ずるもので、大型ビルなどに多用されています。しかし、それらの制振装置を木造住宅に用いると、従来の木造壁と制振壁の揺れ方が違うため、バラバラに揺れて危険な状態になる可能性が高いのです。

《UFO-E》なら、これらの不安要素をすべて解消します!
  • 制振構造の落とし穴 図1
  • 制振構造の落とし穴 図2

ご質問・ご相談など
お気軽にお問い合わせください。

本社 096-344-5933 こちらをタップしてお電話ください! 本社 096-344-5933
受付時間
10:00~18:00